池袋西口の東武百貨店デパ地下でみつけた、いとはんのおすすめサラダを紹介します!

2018/01/23


こんにちは。本日のエバデリは「東が西武で西、東武」でお馴染みの池袋からお届けします。
今日よらせていただいたのは東武百貨店。
西武池袋と双璧をなす池袋の大手百貨店で見つけたお惣菜のレポートです。

エバデリの人気記事ランキングでも、常に上位を抑えている池袋レポートなので、生半可な記事は書けず…ライターの緊張感も高まります。

さて、まだまだ暑さが続く8月ですが、初秋の食材を使ったお惣菜を発見したのでご紹介させていただきます。

東武のデパ地下をうろうろしていると、フレッシュ無花果をつかったサラダを発見!デザートやドライフルーツでお馴染みの食材ですがサラダにするのはかなり斬新。

さて、舌の肥えたエバデリユーザーにご納得いただけるか少々不安ですが、さっそくレポート開始です!

いとはんの「無花果と燻製チキンの和サラダ」がコレ!

ゴロっとした無花果がたっぷり入ったサラダ。100g540円のサラダが高いか安いかわかりかねますが、それだけの価値がありました。
サラダは店員さんがその場で計り売りしてくれます。

別添えの「からし風味の玉ねぎドレッシング」をかけていただきます。

そもそも甘い無花果とからしドレッシングが合うの?と思われるでしょうが…はっきり言って絶妙に合います!
いわゆる、黄色い練りからしを玉ねぎベースのドレッシングに混ぜているのですが、玉ねぎの甘さが無花果の甘味を引き立ててくれます。
さらに無花果の独特の食感がしゃきしゃきのレタスとマッチ、
からしのピリっとした味が燻製チキンとの相性抜群。このサラダ考え出した料理開発の方は本当にすごい!

それでは恒例の“調べてみた”無花果について

それではお馴染みの「調べてみた」です。「無花果」は不老長寿の果物とも呼ばれ、栄養価が高いことで有名ですよね。身近な無花果について調べてみました!

■聖書にも出てくる、無花果について

クワ科落葉小高木(西アジア原産)。アダムとイブは知恵の木の実(禁断の木の実)を食べたため、裸に気づいて恥じ、イチジクの葉で腰を隠したと『旧約聖書・創世記』にある。それで知恵の木もイチジクであるとされたが、のちにリンゴに変わった。イチジクは欲望の象徴ともされ(原罪と関係するから)、実は不毛、枯れた木は死を意味するなど、種々な解釈がキリスト教にある。

西アジアが原産です。紀元前2世紀ごろには、すでに栽培されていたそうです。わが国へは江戸時代の初めに中国から渡来しました。高さは6メートルくらいになり、掌状に3~5裂した葉が互生します。5月から9月ごろ、倒卵球形の隠頭花序をつけます。これが熟すと暗い紅紫色になり、食用にします。名前は、果実が1か月で熟すことから、あるいは1日に1果ずつ熟すことから一熟(いちじゅく)で、その転訛といわれています。

引用元:旬の食材百科
 URL:http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/figue.htm

ちなみに「無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来する中国で名付けられた漢語です。だから「花の無い果実」いちじくなわけですね

日本のサラダ「いとはん」について

いとはんさんは、エバデリで良く取り上げられているRF1グループのお店で、「季節の味をさらだにする和そうざいのお店」というコンセプトを持っています。

そんなわけで、親元のRF1について紹介いたします。

RF1

ブランド名の由来
RF1 sozai
1992年、百貨店ごとに展開していた5つのブランドを
ひとつにまとめ「アール・エフ・ワン」が誕生しました。
ロック・フィールドの頭文字であるRとF、
世界的に注目を集めていたモータースポーツの
最高峰のF1(フォーミュラ・ワン)を組み合わせたブランド名には、
「そうざいで世界最高峰を目指す」という
創業者である岩田弘三の想いが込められています。

ロゴには、太陽の赤、大洋の青、大地の緑を使い、
「自然の恵みである素材のチカラを大切にする姿勢」を表しています。
また「SOZAI」という表記を加え、
「そうざい」という言葉が世界中で伝わるように、
さらに「SOZAI=素材」という意味も持たせ、より素材を大切にした
高付加価値のそうざいを提供していくことを表しています。

R+F1+SOZAI
安心・安全への取り組み
〈契約農家との提携〉
信頼のおける素材を安定的に確保していくために、
数多くの生産者とパートナーシップを組んでいます。
生産者の方々には、私たちの素材へのこだわりをご理解いただくことはもちろん、
豊作不作にかかわらず契約を結びお互いを考えて仕事をすることで、
強い信頼関係を築き上げています。

グリーン・グルメ
Greenは野菜、健康、それらを育む環境、そしてエコを表し、Gourmetは 食にこだわりを持つ人、美味しさを求める人、つまり食文化に精通した人を表しています。環境と食にこだわるお客様に、日常使いをしていただける和・洋・アジアの枠を超えた野菜いっぱいのGlobalなSOZAI(サラダ)を提案いたします。
引用元:株式会社ロックフィールドHP: http://www.rockfield.co.jp/news/greengourmet/

まとめ:東武百貨店のデパ地下では、旬の食材「無花果」を使ったハイクオリティーなサラダが販売中!

いかがでしたでしょうか?今年初の無花果を食べることができました。無花果そのものも甘味が強くジューシー。
プチプチとした独特の食感で好き嫌いが分かれる果物かもしれませんが、「日本のサラダ いとはん」さんが手掛ける、新作サラダなので一度は食べていただきたい。

もちろんサラダ以外にも和の食卓に欠かせない惣菜がたくさんありました!
時期をみてまた伺いたいと思います。
徐々に季節は秋に向かっていますね!今後も季節の料理を追っていきたいと思います!

ごちそうさまでした!

いとはん 東武池袋店 ショップ情報

店名 いとはん 東武池袋店
ジャンル デリカテッセン、野菜料理、魚介料理・海鮮料理
TEL・予約:03-3981-2211
住所:東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B2F
交通手段:池袋駅から61m

営業時間
[月~土] 10:00~21:00 [日・祝] 10:00~20:00
定休日
不定休(東武百貨店池袋店に準ずる)

-東武池袋店, 池袋, 記事
-, , ,