池袋西武リトルシェフおすすめ弁当は『ガパオガイラートカオ』

2018/02/12

こんにちは。本日は池袋からレポートいたします。池袋と言えば西武百貨店、東武百貨店と有名デパ地下の本店が激しい戦いぶりを見せる?デパ地下ユーザーとしては2度美味しい?おすすめ場所ですね。地図で見ると西武は駅の東側に、東武は駅の西側にあります。余談です。夏と言えば辛いものを連想しませんか?そういえばエバデリではあまり辛い食べ物のグルメレポートがありませんね。ひょっとすると辛いものが苦手なライターが多いのかもしれません。ならばお届けしましょう、夏におすすめの辛いメニュー、辛いものと言えばアジア料理、中でもタイ料理に焦点を合わせて西武池袋デパ地下を散策しました。以前エバデリでもご紹介しました、そごう西武オリジナルブランド『リトルシェフ』で販売されているおすすめメニュー『ガパオガイラートカオ』を発見し、本日のご紹介にぴったりな辛いメニューでしたので購入しました。難しい名前になってますがガパオライスのことですね。

ガパオライスってどんな料理?

夏におすすめのガパオライス。ガパオライスという名前で日本では通ってますが、ガパオは平たく言えば『バジル』のこと。一般的にガパオライスは鶏の挽肉が使われることがおおいですから、 実際にはパッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ(Phad Bai Gaprao Gai Sap)で鶏ひき肉のバジル炒めとなるようです。どなたかタイ料理屋さんで注文してみてください。池袋西武リトルシェフおすすめのガパオはまたネーミングが違います。

ガイラートカオはどんな意味んでしょうか?

パッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ・ラート・カオ(Gaprao Gai Sap Rat Kao)でガパオライスとなるようです。

パッ→ 炒める
バイ ガパオ→ バジルで
ガイ サップ→ 鶏肉
ラート→ ~上に
カオ→ ごはん 

各ワードの意味は↑のような感じですね、専門家ではないのであしからず。

さらに目玉焼きがつくとカイダオが加わり、

パッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ・ラート・カオ・カイダオPhad Gaprao Gai Sap Rat Kao khaidao)

となります。

池袋西武リトルシェフおすすめのガパオはごはんの上には乗せていないので、

パッ・バイ・ガパオ・ガイ・ラート・カオ・カイダオ(Phad Gaprao Gai Rat Kao khaidao)

となります。

池袋西武リトルシェフおすすめガパオガイラートカオ(553円税抜き)がこちら


画像は中皿の部分のみですが下部にライスがついております。中皿スタイルになっていることでソースがライスにしみ込むことなく召し上がれます。個人的には味のついたライスは好きですけどね。女性によるプロジェクトで始まったリトルシェフですから量感、味付けどれをとっても「丁度いい!」ものでした。辛いもののご紹介と書いておきながら辛さは控え目で老若男女問わず食べることのできるおすすめの味付けです。ライスも多からず少なからずで具とのバランスも良し。トッピングのキュウリが食感を出すことでいわゆるガパオライスでもさっぱり食べることができるという演出をしています。誰もが親しめるガパオライス、なかなか買うことができないのではないでしょうか?

池袋西武はイートスペースがある!

池袋西武デパ地下でお弁当を購入したらぜひ屋上に行ってみてください。ベンチの数はそう多くはないのですがイベントが開催されていない限り人気も少なく、のんびり食事をすることができます。知らない方の方が多いのでしょう。おすすめのテイクアウトランチスペースです。

まとめ:池袋西武リトルシェフおすすめのガパオガイラートカオは辛さが苦手なタイ料理ファンでも楽しめます。


いかがでしたでしょうか?辛いものファンの方々にはがっかりさせるレポートになってしまいましたがぜひ穴場でおすすめのイイートスペースにも行ってみてくださいね。ガパオライス、は他にもたくさんのブランドが店頭に陳列していることかと思いますので見つけてはレポートしてみます。まずは老若男女問わず食べることのできる池袋西武リトルシェフおすすめのガパオガイラートカオをぜひ試してみてくださいね。

リトルシェフ (Little Chef)のご紹介


2010/6/24、百貨店による自主開発デリカテッセン「Little Chef (リトルシェフ)」誕生

6月24日(木)、地下1階惣菜売場に、現代生活者の食卓ニーズに対応した、百貨店自主編集の新感覚パッケージデリ・ショップ“リトルシェフ”が登場します。これまでのお取引先まかせであった商品開発をバイヤー、フードコンサルタント、開発担当など女性スタッフ 7 名のプロジェクトが担当。現代女性の等身大意見を活かして商品開発を手がけました。従来の少量個食パックに加え、ニーズに対応した“おひとり様”対応を展開します。毎日の食卓に必要なものが1店舗で完結、ワンストップ&ショートタイムショッピングを実現します。従来のデパ地下惣菜売場の概念を超えた、業界初の全く新しい女性のためのデリカテッセンの誕生です。

引用元:http://www.sogo-seibu.co.jp/pdf/20100531_02.pdf

リトルシェフ (Little Chef)の店舗情報

店名 リトルシェフ (Little Chef)
ジャンル
デリカテッセン
TEL・予約
03-3981-0111
※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えいただければ幸いです。
住所
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B1F
リトルシェフ (Little Chef)
交通手段
池袋駅から163m
営業時間
[月~土] 10:00~21:00 [日・祝] 10:00~20:00
定休日
不定休(西武百貨店池袋店に準ずる)
予算(ユーザーより)
[夜]¥1,000~¥1,999[昼] ~¥999
実際にお店へ行った人が使った金額です。
カード 可

引用元: 食べログ

-池袋, 西武池袋本店, 記事
-, , , ,