渋谷宮益坂の寿司屋『青山鮨ふく江』で愉しむカウンター鮨

[post id=”9305″ style=”pickup”]

渋谷宮益坂の寿司屋『青山鮨ふく江』で愉しむカウンター鮨とは!?

 

渋谷駅から宮益坂を登りきり、美竹通りから小道に入ると控えめに見えてくるサインもそこそこに、階段を半地下分下れば木造の開き扉が迎えてくれます。

 

2019年6月にオープンしたばかりの宮益坂の新たな隠れ家。そこは渋谷区の寿司好きをターゲットにした鮨屋さんです。

 

 

店内に入れば白木のカウンターを照らすライトが心地よい暖かみを生み、高級感を漂わせる雰囲気の中にじわじわと湧いてくる高揚感を感じながらスタートする今回ご紹介するお寿司屋さんは渋谷区宮益坂にございます、『青山 鮨 ふく江』さんです。

 

『青山 鮨 ふく江』さんの魅力を存分にご紹介していきたいと思います。それでは参りましょう!『渋谷宮益坂の寿司屋『青山鮨ふく江』で愉しむカウンター鮨とは!?』です。

青山 鮨 ふく江とは!?

客席から見る自慢のカウンター

 

Google のLocal Favorites(地域の人気店)新宿エリア鮨部門にも選ばれた『新宿 誠』や、卒業生が開業した人気の寿司店『鮨アカデミー 神楽坂店』でおなじみの、東京すしアカデミーが渋谷区宮益坂で運営する鮨業態です。

 

渋谷で味わう、銀座・六本木の本格熟成江戸前鮨

 

宮益坂を上がり美竹通りを曲がってすぐのところにあるカウンターのみの鮨屋。
白木が香る明るく上品な店内で、名店で経験を重ねた店主による珠玉の鮨の一貫一貫。
厳選されたお酒と共にご堪能いただけます。都会からは隔離された、贅沢な味と優雅な時間を心ゆくまでご堪能下さい。

引用元:青山鮨ふく江HP

 

 

白木が香る店内は実に上品でどの角度から見ても抜け目がないのがわかります。

 

カウンターは全15席、うち7席を扉で仕切ることができるので「個室」を演出することができます。最大で7名まで対応できる個室は個室料金20,000円(税別)がかかりますが、接待やお祝い、お忍びにはぴったりな空間です。

 

とても気さくな店主佐藤さん

 

そしてこの研ぎ澄まされた空間に花を添えるのが、都内五つ星ホテルのホテルマンダリン東京の【鮨そら】、銀座の名店【すし椿】などの名店で経験を重ねた店主の佐藤 宏延氏さんです。以下店主からのコメントです。

 

”豊洲で1位の北海道産のウニなど、日本各地より取り寄せた一級食材の状態からその日にお出しする料理を考案しております。また、魚を独自の方法で熟成させており、他では味わえない魚の旨味をお楽しみいただけるよう日々鍛錬しております。こだわりの技を詰め込んだ江戸前寿司と料理の一品一品をその誕生ストーリーをお耳に入れながらお時間の許す限りじっくりとご堪能いただければ幸いです。”

 

コメントにもあるように青山鮨ふく江のおまかせコース料理は『ストーリー仕立て』なんです。

 

青山鮨ふく江のカウンターの楽しみ方!

 

鮨ネタや逸品料理のストーリーをたっぷりと語ってくれた店主佐藤さん。

・仕入先
・寝かせ具材
・〆方
・産地別特徴

寿司や魚に詳しくないエバデリライターにでもわかりやすく、そして楽しそうに話してくれる店主佐藤さんの言葉には絶対的な自信と経験値を感じます。

料理の独創性、地域限定性、希少価値の説明はもとより、ストーリーを聞きながら食べる鮨は五感までをくすぐられます。実際にエバデリライターが頂いた『青山 鮨 ふく江 コース~職人技が光る季節の逸品料理と本格熟成鮨』を厳選してご紹介致します。

 

『青山 鮨 ふく江 コース~職人技が光る季節の逸品料理と本格熟成鮨』

 

逸品料理と季節の特上握りを存分に味わえる珠玉のコースです。店主佐藤さんが独自の技法で魚の旨味を極限まで引き出した本格熟成江戸前鮨を楽しむことができる本コースは、特別な記念日やご接待にもぴったりな贅沢なコースです。

 

鯖酢〆昆布巻とカラスミ

 

まずは前菜の鯖酢〆こぶ巻とカラスミから。鯖の酢じめはよく海苔巻きで見かけることが多いですが昆布巻きになることでより酢〆が引き立ち前菜にはぴったりでした。

 

カラスミはまさかの厚切りカットです。これだけのサイズ感だと塩分を気にしてしまいますが、ご安心ください、塩加減絶妙です。チーズをつまむような感覚で食べることができます。

 

こんな素敵な前菜から始まりましたのでこの後の期待感は上がってしまいましたね。

 

春子(カスゴ)

 

春子(カスゴ)は鯛の赤ちゃん、皮面お湯にくぐらせこちらは春らしくサクラ〆されています。もちろん食べた瞬間に口のなかには春が広がりました。

 

金目鯛

金目鯛は少し炙られてます。脂感も程よくなり、香ばしさも相まって絶妙でした。

 

すみいか

続いてすみいかは4日寝かせの熟成でした。熟成させることで出てくるイカの濃厚な味をお塩さっぱりいただくのはなんとも贅沢な感じがしました。

 

熟成が続きます。こちらの鰆は20日熟成、さらに昆布〆で提供するこだわりよう。

 

中トロ

本日の中トロはなんと大トロよりだそう。勝浦本マグロで水揚げ時はなんと143kg。なかなか聞けないですよね?水揚げ時の大きさ。とても上品なお味でした。

 

小鰭

本日の小鰭は熊本産。光りもの代表的ともいえる小鰭は、江戸時代から大衆に愛されてきた寿司ネタです。

 

赤身

江戸前の定番赤身は漬けでいただきました。浅め、軽めの漬けでまだまだ続く寿司ストーリーを予感させてくれる逸品でした。

 

車海老

 

車海老はあえてのカット提供でした。そのままの状態と海老味噌をつけて堪能できる2種類。酢そぼろで〆ることで車海老の後味ととてもよく合います。そんな海老香りに続くのは海老味噌、そして食べごたえのある食感で、この1貫でここまで楽しめるものなのかと舌鼓を打ちました。

 

ウニ

ウニはかわいい丼スタイルでいただきました。ムラサキウニは舌触りなめらかでコク深、わさびはあっても勝てません。

 

穴子

最後に穴子をいただきました。見るからに味が濃そうなしっかりとした詰めはゆずが香り実はさっぱりでした。濃度が高く流れないので肉厚な穴子にしっかりと絡みつきます。

 

 

すべてをご紹介できないのが残念ですが、寿司12貫を含む全24品で構成される『青山 鮨 ふく江 コース ~職人技が光る季節の逸品料理と本格熟成鮨を堪能~をいただくのがおすすめですね。

渋谷宮益坂で楽しめる寿司【青山鮨ふく江】の店舗情報こちら

 

接待や記念日など、特別な日にぜひ行っていただきたい渋谷宮益坂の穴場的な隠れ家的な寿司屋、『青山鮨ふく江』さんですが実はランチタイムも営業しております。ちょっと贅沢ランチで偵察に!なんて使い方もできますね。

 

厳選おまかせ握りコース

 

青山 鮨 ふく江の握りをランチ特価でお楽しみいただけます。
コース料金5,000円 (税抜)
品数12品
利用可能人数1~8名様
利用可能曜日火・水・木・金・土
利用可能時間12:00~14:00
滞在可能時間1時間
コース内容先付け
握り八貫
巻物
お椀

《一例》
■先付け:銀杏素揚げ■握り 八貫
平目
トロ
小肌
スミイカ
イクラ
ボタンエビ
サバ
穴子
■巻物:鉄火巻
■お椀
■玉
注意事項※本コースは60分制となります。

 

白木の香る研ぎ澄まされた空間に店主佐藤さんが華を添える、そしてその華(鮨)は字のごとく華麗に舞い、1つのストーリーを奏でことで渋谷宮益坂の夜を演出します。

渋谷にこんな楽しみ方あったんだと思わされました。

 

『青山鮨ふく江』さんの店舗情報は以下よりご覧ください。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

青山 鮨 ふく江(@sushifukue)がシェアした投稿

 

食材の旨味を極限まで引き出した、店主おまかせコース【15,000円 (税抜)~】

 

 

店主による究極な味の追求により生まれた魚の熟成術。そして幾度も施策を繰り返して到達した酢飯とのバランスは多くの人の舌をうならせます。季節のこだわり逸品料理と日本各地から 厳選された一級食材で握る鮨。一生に一度は食べていただいきたい、至極のコースをご堪能ください。

高級感漂う優雅な空間

 


「青山 鮨 ふく江」は渋谷駅から宮益坂を上がって美竹通りを曲がってすぐのところにある、カウンターのみの寿司屋。 白木が香る落ち着いた上品な店内。 様々なシーンでご活用いただき、 来ていただける方おひとりおひとりに​江戸前寿司の知識を深めていただきながら 至福の時をお過ごしいただけることを心より願っております。

 

究極の熟成寿司の追求×五つ星ホテル仕込みのホスピタリティ

 


美味しい食事と心を込めたおもてなしで、ゲストに楽しく過ごしもらうことを大切にしている店主。一人ひとりの想いに寄り添いながら、その場に合わせて柔軟に対応していくことを心がけています。

引用元:青山鮨ふく江HP

店名青山 鮨 ふく江
ジャンル鮨・寿司
TEL050-3177-4851
住所〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目6−4 せいこうビル 1階
駐車場無し
営業時間ランチ:12:00~14:00 (火曜~土曜日)
ディナー:17:30~23:00
定休日日曜日・祝日
ホームページあり
予約ご予約はこちらから

【MAP】